大阪の不動産投資会社を徹底調査 一棟売りマンション購入に役立つ情報まとめサイト!
大阪の不動産投資会社を徹底調査 一棟売りマンション購入に役立つ情報まとめサイト!
情報が不動産投資成功のカギ!一棟売りマンション経営・アパート経営成功術【大阪編】
  • 不動産投資会社リスト
  • 大阪でオススメの地域
  • 不動産投資の基礎知識
  • 投資物件の種類
  • 成功者の体験談
  • リスクとその対策
HOME » どんな違いがある?不動産投資物件の種類

どんな違いがある?不動産投資物件の種類

不動産投資の対象となる物件の種類やそれぞれの特徴、違いについて解説します。

不動産投資物件の種類や特徴を知ることが必要

不動産投資で取扱われる物件の種類は、大きく「新築と中古」、「一棟と区分所有」、「一戸建てと集合住宅」とわけられます。

これらの要素を組み合わせて、物件を選ぶことになりますが、その際は自分の投資目的や投資費用と照らし合わせて考える必要があります。

当然ですが、どの組み合わせによってもメリットとデメリットがあり、どれが1番良い選択かということは、一概に言えません。

よく言われることですが、新築は満室に近い状況も期待でき、物件としての競争力も高くなる傾向があります。家賃も高く設定できる点も魅力。その分、購入金額も高く、ローンなどの借入も大きくなるといったデメリットもあります。

これに対して中古物件は、新築に比べて購入金額が少なくて済むことが最大のメリットでしょう。既に入居者もいるので、収入シミュレーションもたてやすいですし。ただ経年劣化で古くなった物件は、入居者の人気も新築よりは当然落ちてしまいます。

こうした比較ができるように、それぞれの物件の特徴を説明し、メリット・デメリットを解説していきます。あわせて物件例も紹介していますので、ぜひ参考になさってください。
 

一棟売りマンション・アパート経営をお考えの方は必見!
信頼できる大阪の不動産投資会社一覧はこちら»